デリケートゾーン黒ずみケアランキング

 デリケートゾーンのケアの方法についてお悩みの女性は多いようです。特に色素沈着による黒ずみはなかなか治るものではないので、頭を抱えてらっしゃる方も多いのでは。
ケアと一口に言っても、最近はデリケートゾーンへのお手入れの関心も高まったこともあり多くのケア・治療法が認知されて来ています。ここではメジャーなケアの方法をランキング形式でご紹介しようと思います。

 

レーザー治療で除去

費用 ★★★★★ 手軽 ★★★★ 継続 ★★★
 一番費用はかかりますが、同時に一番効果が期待できるのはやはりレーザー治療でしょう。特に色素沈着が後戻りできないほど進んでいる方は洗浄ソープや美白クリームでのケアでは限界があります。
 何回か通院は必要になりますが、短時間での治療が見込めます。

 

専用美白クリームを使う

費用 ★★★ 手軽 ★★★★ 継続 ★★★★★
 こちらはデリケートゾーンの気になる黒ずみ部分にクリームを塗るだけなのでとってもお手軽です。ハイドロキノンなど美白成分を配合しているので、顔やボディにも併用できるパターンが多いです。
 上で挙げた洗浄ソープも含めて気を付けてほしいのですが、非常にデリケートな部分をお手入れするときは、必ず専用のクリームを使用するようにしてください。デリケートゾーンは刺激に弱いゆえ黒ずみができやすいのですから、本来顔やボディ用のクリームを使用するのは肌かぶれなどのトラブルを起こす可能性があります。
 主な商品はイビサクリーム、アンティームオーガニックbyルボア アンティームホワイトクリームなどがオススメです。

 

専用洗浄ソープでデリケートゾーンを洗う

費用 ★★ 手軽 ★★★ 継続 ★★★★★
 おそらく一番商品として流通していることが多く、これから始める方も多いのではないかと思います。
 デリケートゾーンが不衛生な状態だと、黒ずみがより発生しやすくなります。そこで、洗浄ソープでお手入れすることで黒ずみを抑え改善する方法があります。
 非常に地道な方法なので、効果が分かるのが何か月も後ということもあります。継続は力なりと思って諦めずに頑張りましょう。
 注意としては、毎日洗ってしまうのも却って皮膚の乾燥や刺激を招いたりすることもありますので、一週間に2、3回位がいいでしょう。終わった後は、保湿クリームで乾燥するのを防ぐようにしましょう。
 主な商品としてはLovealデリケートケアソープW、プラチナラブソープ、ペマエンジェル レディハートなどがオススメです。

 

※費用…多いほど費用がかかる
 手軽…多いほど手軽にできる
 継続…多いほど継続が必要

 

 みなさんはデリケートゾーンのケアは気にしていますか?最近気にしている女性が多いのが、専用の商品が続々登場しています。今からケアを始めようにも商品が多すぎでどれから手を出せばいいのか分からないという悩みをお抱えの方も多いと思います。
 そこで、ここでは多くの口コミが寄せられている最も話題と思われる商品をご紹介させていただきます。

 

そもそも、なぜデリケートゾーンは特に黒ずみやすいのかご存知でしょうか?
 人間の肌が黒ずんだりシミになってしまうのは、肌の奥底にあるメラトニウムという細胞がメラニン色素を生成してしまうからです。そしてメラトニウムがメラニンを生成する主な原因は「紫外線」「刺激」です。
デリケートゾーンは排泄器官が近く、下着に包まれ高温多湿になりやすいため清潔な状態を保つことが難しいです。そのような雑菌が繁殖しやすい状態と、衣服や下着による肌への刺激が重なり、結果黒ずんでしまうのです。
 デリケートゾーンを黒ずみさせず綺麗な状態にするには、専用ケア商品による毎日のお手入れが重要なのです。

 

ペマエンジェル レディハート

デリケートゾーン黒ずみ解消できる?デリケートゾーン におい

アビエルタ開発のデリケートゾーン専用石鹸です。その注目度は楽天@cosmeで堂々の1位を獲得するほどで、楽天はもちろん大手化粧品口コミサイトでも多数の声が寄せられています。

 

 同社代表兼モデルの松崎泰子さんが、自身のデリケートゾーンに関する悩みに基づいて作られた使用者目線の製品であり、安心安全でケアできる商品を、というコンセプトで開発が始まったそうです。デリケートゾーンという大切な部分を市販の石鹸やボディシャンプーで洗うのはちょっと抵抗がある方も、これなら安心して始めていただけるのではないかと思います。

 

 もちろん安全だけでなく、美白といった美容効果も同時に目指して作られています。インドネシアに古くから伝わる伝統治療薬・「ジャムウ」成分が配合されています。ジャムウには植物やハーブといった天然素材のみで作られているので、余計な添加物が入っていないか気になる方には安心して使用できますね。デリケートゾーン用とは銘打たれていますが、それ以外にも通常のボディ用として使用いただく分にも問題なしとのことです。それどころか全身の美白効果が期待できるので、許すならボディケア用としても検討したいところです。

 

 「この商品を使うと、お肌がワントーン明るくなった」「泡立ちがよく、肌がしっとりするようになった」と使用後の評判も好評です。デリケートゾーンのお手入れは、まずはこの商品からスタートしてみるのはいかがでしょうか?

 

デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの女性も多いのではないのでしょうか?デリケートゾーンのようなデリケートな悩みは他の方にはなかなか相談しにくい内容ではありますよね。
そこで、デリケートゾーンの悩みについて、なぜ黒ずんでしまうのか、どんな人が黒ずんでしまうのかを調べてみました。

 

・そもそもなぜデリケートゾーンの黒ずみは起きるのか?

 まず肌が黒ずんでしまう原因に、メラニン色素の生成というものがあります。肌が受ける外的刺激から保護しようと、メラニサイトという肌の奥底に存在する細胞がメラニン色素を生成してしまうのです。紫外線を浴びた時も同様メラノサイトはメラニンを生成します。これはシミの原因としても有名ですね。
なぜこんなことをしてしまうのかというと、そもそも紫外線は人間にとって有害なものも含んでおり、私たちの人体を守るためのはたらきだからです。つまり、メラニン色素生成は私たちから肌トラブルや病気を防ぐためのなくてはならないメカニズムと言えます。
特に黒ずみが起きやすいデリケートゾーンは私たちの中で特に重要な部分なので、メラノサイトによる活動が活発になるようプログラムされているのです。
 とは言うものの、いつ誰に見られるかも分からないデリケートゾーン、せめて人に見られて恥ずかしいと思うほどの黒ずみは不安になるのも無理もないと思います。

 

・黒ずみは誰に起こりやすいのか?

 デリケートゾーンの黒ずみは、基本的に誰にでも起こり得る症状と言えます。しかしその症状にも人種・年齢・肌質・遺伝によって個人差が存在します。
 たとえば白人の方は黒ずみにくく、逆に黒人の方は黒ずみやすいと言われています。私たち日本人が分類される黄色人種はその中間です。
 また、普段の生活環境によってはメラニン生成を過剰にしてしまうこともあります。

 

・ではメラニンの生成はどのように起きるのか?

 メラニン生成によって黒ずみが起きるのは、上で書いた通り肌への外的刺激が原因です。 そもそもデリケートゾーンは
「肌が薄い」
「常に下着に包まれているため高温多湿&刺激を受け続ける」
「排泄器官が近くにあるため不潔になりやすい」
など、様々なトラブルが起きやすい個所と言えます。

 

 特に黒ずみが起きやすい具体的原因として挙げられるのは、
「自分に合わないサイズの下着を着用していること」
「締め付けのきつい下着を着用していること」
「生理用品等の使用」
です。ナイロン製の下着も本来肌にやさしいとは言えないため肌が弱い方は扱いには注意が必要です。
 生理中のデリケートゾーンのムレも原因として挙げられます。ナプキンなど生理用品の長時間使用は、デリケートゾーンが炎症を起こしやすく、やはり黒ずみの原因となってしまいます。

 

 発生した黒ずみはターンオーバー(肌の新陳代謝)によって解消されることがあります。しかし不規則な生活を送る、乱れた食生活を送っている方はこのターンオーバーが乱れ、黒ずみが治らず残ってしまいます。

 

 顔や体の黒ずみ・シミを改善する商品はお店に置いてあっても、人には普段見られないけど気になる部分、デリケートゾーンの黒ずみを改善する薬ってなかなか見かけませんよね。デリケートゾーンは人体にとってとっても重要な部分です。安易な市販の化粧品・クリームの使用は思わぬ肌トラブルをもたらす原因になってしまうかもしれません。
 とは言っても、このままにはしておけないと悩む女性も多いと思います。そこで、そんな方たちの声にお応えしたかのような商品を見つけましたので紹介させていただきます。

 

・デリケートゾーン専用クリーム、イビサクリーム

デリケートゾーン黒ずみ解消できる?デリケートゾーン におい

ここでは株式会社ファイブテイルズ様から販売されております「イビサクリーム」をご紹介しようと思います。

 

・トラネキサム酸配合

 そもそもなぜ私たちの肌が黒ずんでしまうのか、そのメカニズムはご存知でしょうか?
 私たちの肌の奥底にあるメラノサイトという細胞が、紫外線や刺激を受けることで黒ずみやシミのもととなるメラニン色素を生成してしまうからです。
ここで登場するのが「トラネキサム酸」です。メラノサイトがメラニンを生成する過程で作られる黒ずみの素になる成分のようなものの生成を抑える働きがあるのです。これが結果、黒ずみなどの諸症状を改善することができるということになります。
他にも抗炎症作用や、肌荒れなどあらゆる肌トラブル改善に効くと言われています。

 

・グリチルリチン酸2K配合

 デリケートゾーンは肌が薄い部分です。市販のクリームを腕や足に塗っても大丈夫だったからといって、デリケートゾーンに同じように塗ることはできません。肌が薄い分、炎症などといった諸症状に見舞われるかもしれません。
 そこで次に登場するのが「グリチルリチン酸2K」です。主に抗炎症作用・抗アレルギー作用を期待して使用されており、ニキビの炎症作用を抑えたり敏感肌の方用の化粧品で役立っていたりします。あまり高刺激なものを使いたくないところですので、この成分が配合されているイビサクリームはまさにデリケートゾーン用クリームとしてうってつけだと言えますね。

 

・他にも

 他にも、ヒアルロン酸ナトリウムをはじめとした8種類の保湿成分を配合しています。皮膚の乾燥も黒ずみのもととなりますので、これを塗れば乾燥対策も万全ですね。
 しかも、イビサクリームは香料や着色料など余計な添加物はほとんど入っていないということです。これは、いかにデリケートゾーンが大切な部分であるかということを理解してのことなのです。使用する方への繊細な配慮を感じます。
 いかがでしょうか、イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ解消にうってつけだと思いませんか?イビサクリームは肌に合わない場合は60日以内なら代金の返金も可能らしいので、お試しと思って気軽に使ってみてはどうでしょうか。

 

 普段は見えない部分の悩み、皆さんはありませんか?

 デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの女性も多く、最近は専用のケア商品が数多発売されているようです。

デリケートゾーン黒ずみ解消できる?デリケートゾーン におい


 そんな中、実はクリニックでもデリケートゾーンの黒ずみ除去が出来ることをご存じでしたか?「レーザートーニング」が近年知名度を上げてきています。
 「レーザー」なんてあまり穏やかじゃない響きですね、その名の通りレーザーを用いて治療する方法なのですが、一見するととてもリスクが高そうな治療法に思えます。
 それにしても、なぜレーザー治療で黒ずみを改善できるのか結びつかない人も多いと思います。そこでこの治療法がいかに黒ずみに効くのがご紹介しようと思います。

 

 そもそも私たちの体になぜ黒ずみなるものが作られるのかご存知ですか?肌の奥底にあるメラノサイトという細胞が、黒ずみのもととなるメラニン色素を生成するからです。特にデリケートゾーンが黒ずみしやすいのはこのメラニンが活性化しやすいからなのですね。さらに排泄器の近くで清潔が保ちづらい状態なのも黒ずみを助ける原因になっています。
また白人の方以外はメラニンが作られやすい体質であり、年齢を重ねれば重ねるほどメラニンは作られやすいとされています。なので、どうしても日々のクリームなどを用いたケアのみでは黒ずみを抑えることには限界があります。
そこで注目したいのが「レーザートーニング」です。

 

レーザートーニングとは?

 簡単に言うと、肌内部に生成されたメラニンを、肌にレーザーを当てるだけで減らしていくというメカニズムになります。メドライトC6(QスイッチYAGレーザー)というレーザーを用いて治療します。
 そもそもこのメドライトC6、皮膚科や形成外科ではメジャーなレーザー治療法なので危険な治療法という訳でもないのです。

 

 非常に弱いパワーで照射していくので、安全でムラなく治療できる上、メラノサイトを刺激してメラニンを活性化させることもありません。それも皮膚からゼロ距離で照射するわけでなく、ある程度皮膚から離して照射するという中空照射方法を採用しているので、気になる痛みも最低限で済みます。レーザーに当てられた肌の深層部のメラニンは少しずつ破壊されていき、黒ずみの改善が見込めます。ですので、デリケートゾーン以外にも顔やボディのシミ・黒ずみ・虫刺されにも有効な治療法になります。

 

 レーザー治療はクリニックによりますが一日一回で終わる訳ではなくある程度継続した通院が必要になります。しかし毎日毎日ハイドロキノンクリームや専用ケアをしているのにいつまでたっても黒ずみが治らない、とお悩みの方はレーザー治療も視野に入れたほうがいいかもしれませんね。